Tabi Concourse

次の目的地はどこですか?旅行、マイレージなど旅にまつわる話をしています。

香港

香港の下町のような雰囲気が残る紅磡(ホンハム)

公開日:2018/5/20/

香港の九龍側にある紅磡(ホンハム)というエリアは、尖沙咀から近いところですが、あまり観光客には馴染みのないところです。

香港でも指折りの繁華街である尖沙咀とそれほど距離があるわけではありませんが、ホンハムの雰囲気はどことなくのどかな感じすらするような、下町風情があります。

 

ホンハムは九龍側にある下町風情が感じられるところ

ホンハムに行ったのは昼間でしたが、ビクトリアハーバー近くにはそれほどの人が多くいるわけではなく、どことなくのんびりとした雰囲気があります。

尖沙咀や香港島側の中環などは、人が多くて、賑やかなので、このエリアは対照的な印象です。それこそ尖沙咀からMTRでわずか数分で来られることを考えると、意外と思わざるを得ません。

歩いている人も、多くは地元の人と思われるのがほとんどで、観光客っぽい人はあまり見かけませんでした。

 

 


この大きな客船の形をしたオブジェ。オブジェにしては大きいと感じますが、実はイオンです。

まぁ、街中に突如として現れる建物なんですが、初めて来る場合でもこれなら存在感抜群ですし、目立っているので、迷うこともないでしょうね。

 

香港 紅磡(ホンハム)のおすすめホテル(コスパ重視と高級ホテル)

 

 

スポンサーリンク

担々麵で有名な詠藜園は黄埔美食坊のうちの一軒

ホンハムに訪れる観光客の目的と言えば、グルメではないでしょうか?

食べるお店は多くありますので、色々と選り取り見取りといったところです。

 

 


担々麵発祥のお店である詠藜園もその一つです。黄埔美食坊というレストラン街のようなところに名前を連ねているお店で、他にも何軒かお店があります。

ここの担々麵は、他では味わえないような独特のスープが味わえるので、おすすめです。

 

ホンハムへの行き方

ホンハムへの行き方としてメジャーなのは、MTR、バスか香港島側からフェリーで行くパターンです。

尖沙咀からだとMTRに乗って途中油麻地で乗り換えて、15分ほどで黄埔(ワンポア)駅まで行くことができます。

またバスですと、尖東から出ているバス8番だと10分ほど到着です。

 

香港島側からは、北角(ノースポイント)からフェリーが出ています。MRTで行くことももちろんできますが、フェリーでのんびりと香港の景色を見ながら行くのもおすすめです。

(以上の情報は、2018年5月現在)

 

スポンサーリンク

-香港

関連記事

香港 湾仔(ワンチャイ)のおすすめホテル(コスパ重視と高級ホテル)

湾仔は香港島側にあり、中環に近い賑やかなエリアです。 香港コンベンションセンターがこのエリアのシンボルになっていますが、近代的な建物があるエリアと昔からの雰囲気が残るエリアの双方があるという特徴があり …

香港のランガムプレイスは広い吹き抜けの広場が一見の価値あり

香港の旺角は、人が多く繰り出す繁華街ですが、そこにランガムプレイスがあります。人が多く集まるところには、ショッピングや飲食のお店があるわけで、ランガムプレイスも例外ではありません。   ここ …

香港 金融街を散策

香港の中環には、証券会社や銀行が集まっている金融街があります。   高層ビルが立ち並び、さながらニューヨークのウォール街にも似たような雰囲気があるエリアです。

倫敦大酒樓で、香港で外せない飲茶をワゴン式で楽しむ

香港のグルメで外せないのが、飲茶ですね。好きな点心などを選びながら食べるというのは、香港ならではの楽しみです。   香港の有名店はいろいろありますが、その中の一つ倫敦大酒樓に行ってみました。 …

香港の夜景を楽しむ 九龍側とビクトリアピークからの眺めを比較

香港の夜景は有名過ぎて、説明も必要ないほど、誰でも一度くらいはテレビや雑誌で目にしたことがあるでしょう。   その夜景スポットもいろいろとありますが、特に有名で観光客が多く押し寄せるのは、九 …