Tabi Concourse

次の目的地はどこですか?旅行、マイレージなど旅にまつわる話をしています。

ANA マイル クレジットカード

ANAワイドゴールドカードの特典、メリットを考える

公開日:2018/3/2/

ANAでマイルを貯めるのであれば、やはり誰もが1枚は欲しいと考えるのが提携クレジットカードでしょう。

 

よくANAカードとも言われていますが、実際に調べてみると何種類もあって迷ってしまいますよね。

 

いろいろとありますが、ざっくりと分けてみると、一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードの4種類に分類されます。

 

そのなかでも、ワイドゴールドカードの特典やメリットについて、一般カードとワイドカードと比較して考えてみます。

 

ANAゴールドカードのラインナップ

ANAゴールドカードには以下の5種類のラインナップが揃っています。

ANA VISAワイドゴールドカード

ANA マスターワイドゴールドカード

ANA JCBワイドゴールドカード

ANAダイナースクラブカード

ANAアメリカンエキスプレスゴールドカード

 

なお、ワイドゴールドカードはVISA、マスター、JCBの3種類を指していて、ダイナースとアメックスゴールドを合わせて、ANAゴールドカードと位置付けられています。

 

自分が現在保有しているのは、ANAスーパーフライヤーズ(SFC)VISAゴールドです。

 

スーパーフライヤーズについては、クレジットカード会社に申し込んですぐに発行できるものではなく、ANAやスターアライアンス航空会社を利用してプラチナ会員やダイヤモンド会員になる必要があるので、あくまでもここではそれ以外のANAゴールドカードについて考えてみます。

 

スポンサーリンク

ANAゴールドカードを保有することでメリットを享受できる理由

結論から言えば、ANAゴールドカードを保有したほうが良いのは、ANAや他のスターアライアンス航空会社を利用することが多い人です。

 

特に一般カードやワイドカードと比較してみて、ゴールドカードはANAをよく利用する場合に、その特典やメリットが重厚になっていきます。

いろいろな特典やメリットの中でも、大きいのが、ボーナスマイル、マイル移行手数料を考慮した年会費、空港ラウンジへのアクセス、海外旅行保険です。

 

ANAゴールドカードと一般カード、ワイドカードとの比較における特典、メリット

具体的にANAゴールドカードのほうが特典、メリットが大きいポイントを、一般カード、ワイドカードと比較していきます。

 

ボーナスマイル

ANAを利用した際のボーナスマイルが25%と、一般カードの10%と比較して2.5倍になっています。

 

ただし、ワイドカードは25%ですので、ゴールドカードと同じで特に優位ではありません。

(※一方、これからANAをたくさん利用して、スーパーフライヤーズカード(SFC)を取得しようとする場合は注意が必要になります。

ワイドカードをSFCに切り替えた場合には一般カード扱いとなります。そのため、SFCゴールドカードが40%であるのに対して、SFC一般カードは35%と差が生じます。

そのため、SFCを取得することを計画している、予定している、という場合は、ゴールドカードを取得するほうがボーナスマイル率も5%多くなります。)

 

マイル移行手数料を考慮した年会費

 

ゴールドカードの場合はクレジットカード利用1,000円につき10マイル加算されますが、一般カード、ワイドカードの場合は5マイル加算と半分です。

 

一方で一般カード、ワイドカードでも年会費に加えて、マイル移行手数料を負担することで、10マイル加算にすることが可能です。

 

ただ、ワイドカードの場合だと年会費(7,830円)+マイル移行手数料(6,480円(Visa、マスター、5,400円(JCB))となります。

 

ですので、VISA、マスターの場合は14,300円、JCBの場合でも、13,230円となりますので、ワイドゴールドカード(VISA、マスター、JCB)の年会費15,120円とあまり変わらなくなってしまいます。

 

 

国際線のビジネスクラスチェックインカウンター利用

国際線利用の場合、ANAゴールドカード保有者は、エコノミー利用時であってもビジネスクラスチェックインカウンターを利用することができます。

 

羽田や成田の場合ANAのカウンターがそこそこ広く取っているので、時間帯によっては比較的空いていることもある印象ですが、それでもビジネスクラスチェックインカウンターはほとんど待つことなくチェックインできるので重宝します。

 

また海外の空港だとカウンター自体が広くないところもあり、エコノミーだと長蛇の列に並ばないことも度々あります。そういった場合は、ほとんど並ぶことなくビジネスクラス用カウンターでさっとチェックインできるのがとても便利です。

 

個人的には、この特典は海外で威力発揮といった感じがします。

 

 

空港のカードラウンジへのアクセス

ゴールドカード保有者であれば、国内の空港でカードラウンジが設置されている場合には利用することができます。

 

ANAラウンジのとは違いますが、出発前にちょっとドリンクで喉を潤すこともでき、自分もSFC取得前には羽田や那覇のカードラウンジを使っていました。

 

 

海外旅行保険

他のクレジットカードと同様に、ANAゴールドカードも一般カード、ワイドカードに比べて海外旅行保険が手厚くなっています。

 

特に気になる、傷害、疾病治療や携行品については、ゴールドカード以上でないとちょっと不安かなといった内容です。

 

 

ANA VISA/マスターワイドゴールドカード

公式ページへ

  ANA JCBワイドゴールドカード

公式ページへ

  ANAアメリカンエキスプレスゴールドカード

公式ページへ

  ANAダイナースクラブカード

公式ページへ

 

 

スポンサーリンク

-ANA マイル, クレジットカード

関連記事

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)申し込み、切り替える前に比較しておく

ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)は、ANAカードと同じようにいくつもの種類があります。 どのクレジットカードを選ぶか?と検討する際には、カードブランドと一般、ゴールド、プレミアムを基準にす …

スターアライアンスゴールドメンバーになると空の旅をする際の特典、メリットがいっぱい

スターアライアンスはANAも参加する航空連合で、世界最大のアライアンスです。 ANAのマイルに加入すると、他の加盟航空会社を利用してもマイルを貯めたり、またマイルを使って特典航空券を利用することもでき …

ANAスーパーフライヤーズ(SFC)会員の特典、メリット

ANAのスーパーフライヤーズ(SFC)会員になると様々な特典やメリットがあるので、マイルや上級会員になることに関心のある人だと目指したくなるステータスの一つです。   そう言う自分もその一人 …

ANAのSFC修行をしてスーパーフライヤーズカードを取得した理由

現在はANAのスーパーフライヤーズ会員ですが、そもそもはいわゆるSFC修行をして取得した一人です。 飛行機にたくさん搭乗して、どんどんとマイルを貯めていくという「修行」という言葉は、ANAに限らずJA …

ANAのマイルとプレミアムポイント 違いをはっきりとさせよう

ANAのマイレージプログラムで、一番大事なことはやはりマイルを貯めること。改めて言うまでもありませんね。マイルを貯めて、特典航空券やアップグレードに使うことが、利用者の最大の目的であり、醍醐味です。 …