Tabi Concourse

次の目的地はどこですか?旅行、マイレージなど旅にまつわる話をしています。

ニューカレドニア

ニューカレドニア ヌメアのおすすめホテル(コスパ重視と高級ホテル)

公開日:2017/4/23/

ヌメアはトントゥータ国際空港もあるニューカレドニアの表玄関であり、イルデパンへ行く場合でも滞在する機会の多い場所です。

そんなヌメアに滞在する場合、ホテルのあるエリアは大きく分けて中心街とアンスバタビーチ付近の2つがメインとなります。

ヌメア中心街はホテルがあまり多くなく、選択肢は限られます。また街中にあるので、リゾート感はありません。ビーチリゾートの雰囲気を満喫するなら、アンスバタビーチ付近のホテルが良いでしょう。

ここでは、ヌメアのおすすめホテルをコスパ重視と高級ホテルのそれぞれについて見ていきます。

 

 

ヌメアのコスパ重視のおすすめホテル

ホテル ルパリ ヌメア(Hotel Le Paris Noumea)

ニューカレドニアを訪れた際には、こちらに滞在しました。

中心街にあって、どこへ行くにも便利なホテルです。

ニューカレドニアというとリゾートというイメージがありますが、ここは至って普通のホテルでリゾート感はありません。

ヌメア中心部のホテルはそれほど多くないので、貴重な存在でもあります。

特に不満や不便なこともなく、快適に滞在できました。

そもそもヌメアの中心街は、ビーチがあるわけでもなく、南国の開放的なこじんまりとした街という印象ですので、ビーチリゾートで寛ぐという雰囲気はないです。

アンスバタビーチのホテルよりも価格は安めというのが決め手でした。

リゾート感を満喫したい場合は、アンスバタビーチが良いでしょう。

アンスバタビーチまでは、ココティエ広場などからバスが出ていて、だいたい20~30分くらいで行けます。

ヌメア中心部で数少ないホテルの一つ。

街中にあって、リゾート感はなく、シティホテルといった趣。

ホテル料金の高いヌメアの中で比較的リーズナブルなので、価格重視の人向き。

WiFi無料

 

ヌバタ (Nouvata)

アンスバタビーチ沿いの便利な場所にあるホテルです。

立地的に目の前がビーチと申し分ありません。

部屋はいくつかグレードが分かれていて、安い部屋はヌメアの中では低価格でコスパが高いです。価格重視の人向きと言えるでしょう。

全体的には大型のホテルで、プールもあり、リゾート感を満喫できます。

部屋によってグレードが分かれている。安い部屋はヌメアのなかで割安なので、コスパが高い。

アンスバタビーチ沿いの便利な場所にある。

周囲はレストランなど多くある。

WiFi無料。

 

ホテル ボーリヴァージュ (Hotel Beaurivage)

アンスバタビーチからやや離れた海岸沿いにある、こじんまりとしたホテルです。アンスバタビーチまでは歩いて10分ほどの距離で、周辺は飲食店も多いので、そこまで不便な場所でもありません。

綺麗で清潔感のある部屋は、そこまで豪華ではありませんが、価格を考えるとコスパが良いと言えるでしょう。

アンスバタビーチから離れていても、価格重視という人向きです。

アンスバタビーチから離れた海岸の前に建つ。

アンスバタビーチ、水族館までは歩いて10分ほどの距離。

部屋は清潔感があり、コスパが良い。

WiFi無料。

 

ラマダホテル&スイーツ ヌメア(Ramada Hotel & Suites Noumea)

アンスバタビーチ沿いの通りからちょっと入ったところにあるホテルです。

アンスバタ地区の外れのほうですが、飲食店は徒歩圏内にありますので、そこまで不便ではないでしょう。

部屋に電子レンジやコーヒーメーカーが備わっている。

アンスバタ地区の外れにあり、アンスバタビーチ沿いの通りから少し入ったところにある。

飲食店の多いところまでは徒歩圏内。

WiFi無料

 

ホテル ルラゴン(Hotel Le Lagon)

ビーチには面していないものの、アンスバタ地区の中心部ですので、便利な場所にあります。

ビーチに近いところで、高級ホテルのような豪華さは不要だけど、ある程度価格を抑えてリーズナブルに宿泊したい人向きのホテルです。

部屋は清潔感があり、落ち着いた雰囲気。

アンスバタ地区の中心部で、ビーチまで歩いてすぐの場所。

スタッフの評判が良い。

WiFi無料。

 

 

ヌメアのおすすめ高級ホテル

ルメディディアン ヌメア リゾート&スパ (Le Meridien Noumea Resort & Spa)

ヌメアにあって、ビーチのリゾートホテルらしい雰囲気が満喫できます。

岬の先端部分に位置して、ビーチに挟まれるような立地もあって、綺麗な海の眺めを満喫でき、リゾート感溢れる開放的な高級ホテルです。

アンスバタビーチ沿いのホテルよりも、よりリゾート感を味わえるので、静かなエリアでのんびりとホテルライフを楽しみたい人向けです。

ビーチリゾートのホテルのような開放的な雰囲気。

アンスバタビーチから距離がある分、よりリゾート感を満喫できる。

アンスバタビーチまでは歩いて15分ほどの距離。

WiFi無料。

 

シャトーロイヤルビーチリゾートアンドスパ (Chateau Royal Beach Resort and Spa)

アンスバタビーチから離れたビーチ沿い、ルメディディアンの隣に建つ高級ホテルです。

ビーチリゾートホテルのような開放的な雰囲気で、アンスバタよりもリゾート感をより味わえるでしょう。

アンスバタ地区から少し離れた静かなエリアでのんびりとリゾート気分を満喫したい人向けのホテルです。

ビーチリゾートのような雰囲気のホテル。

アンスバタビーチ沿いに比べて静かなエリアで、のんびりとホテルライフを満喫できる。

アンスバタビーチから歩いて8分ほどの距離。

WiFi無料。

 

ヒルトン ヌメア ラプロムナード レジデンシズ(Hilton Noumea La Promenade Residences)

アンスバタビーチに面したこのエリアでは大きなホテルです。

ビーチに面していますし、周辺にはレストランなど飲食店も多くありますので、立地条件も申し分ありません。

キッチン付きのレジデンスなので、長期滞在にも便利です。

アンスバタビーチの中心部にある大型のホテル。

部屋にはキッチンが備わっているので、長期滞在者に便利。

周辺はレストランやバーなど多く、便利な立地。

WiFi無料。

 

 

ヌメアの滞在は、中心街か?それともアンスバタビーチ付近か?

ヌメア滞在する場合、ヌメア中心部とアンスバタビーチ付近のどちらを選ぶか?という点については判断基準ははっきりとしています。

ヌメア中心部のホテルは数が限られておりシティホテルといった趣です。リゾートライフを満喫したいのであれば、アンスバタビーチ付近のホテルを選ぶのがおすすめです。

ヌメア中心部は海に面した街といった感じで、ビーチリゾートの雰囲気はありません。街と言っても、日中もそれほど人が多いわけではなく、のどかな雰囲気そのものです。ちょっと言い方を変えれば、寂れている、とも言えます。

でも、結構こののどかな雰囲気が自分は良かったです。現地の人は結構人懐っこい感じで、向こうから「ボンジュール!」と声をかけてくれることもよくありました。

またヌメア中心部の場合、飲食店探しも結構大変です。あまり多くないので、予め目星を付けておかないと、特に夜は早くお店が閉まるので、下手すると食べるところが見つからないということにもなりかねません。

一方、アンスバタビーチは典型的なリゾート感満載のエリアです。ホテルの数も多いですし、レストランなども多くあります。ですので、ヌメア中心部よりも観光客が多いですし、日中から賑わっています。

こう書いておきながらも、自分は価格重視でヌメア中心部に滞在しました。実際はアンスバタビーチはバスでも20分ほどで移動できますので、ビーチ沿いの散策もして楽しむことができました。

ですので、ちょっと不便にはなるものの、ヌメア中心部のホテルに滞在しても、アンスバタビーチを満喫できますので、価格とのバランスでホテル選びをすると良いでしょう。

 

-ニューカレドニア

関連記事

ヌメアの街は、歩いても充分回れるほどこじんまりとしている

ニューカレドニアのヌメアの街は、それほど大きくありません。   碁盤の目のように道路が区画整備されていて、歩いても充分回れるほどの規模です。

FOLの丘から、有名なニューカレドニアの街並みを眺める

ニューカレドニアの風景として、テレビやガイドブックでも良く見かけるのが、FOLの丘からの眺めです。   ヌメアを一望できる小高い丘からの眺めは、ニューカレドニアに来たという実感が湧くものでし …

LA CHAUMIEREはニューカレドニアの美味しいフランス料理のお店

ニューカレドニアはフランス領ですので、料理のフランスの影響を大きく受けたものが多いです。   ヌメアの中心部にあって、美味しいフランス料理のお店に行ってみました。

ヌメアのハーバーから眺める夕日

ヌメアのハーバーからは結構綺麗な夕日が眺められます。   ビーチからの夕日が一番なんでしょうが、それでもヌメアの街に滞在するのであれば、一番手っ取り早いでしょう。

ヌメアのフェリーターミナル近くのLa Sorbetiereは、眺めの良いカフェ

ヌメアのハーバー沿いにはフェリーターミナルがありますが、その近くにカフェがあったので、ちょっとのんびりと寛ぐことにしました。